トレードの原則

四季の情報ってステキ > 出来ごと > トレードの原則

トレードの原則

「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって差益を得る取引です。

 

トレードの価格はいつも変動しています。

 

それが為替相場です。

 

ラジオを聞いていると、通貨の為替相場のニュースが流れる場面があります。

 

よく見るのが「本日のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表現しています。

 

つまり、取引には、買値と売値の値が存在する事を示しています。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表示するFX会社も存在しています。

 

通常は売値が低い値段になるものです。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなるはずです。

 

この差分をスプレッドといいFX会社の利益となっています。

 

スプレッドの狭さはFX取引会社によって変化します。

 

スプレッドは投資家にとって負担になるので、狭い取引会社をセレクトしたほうが得です。

 

ただ、場合によってスプレッドは拡大したり、縮小したりします。

 

日常的には円とドルの組合せで1銭のスプレッドであっても相場の上下動が激しいときには1銭よりも大きくなったりするのです。

 

そのため、スプレッドが狭いのと変わらないということが大事です。

 

近頃では固定でスプレッドの狭さを提示する取引業者も多く存在しています。

 

現実にFX取引会社のトレード画面の中でリアルな為替レートを確認しなければわからないのでやっかいですが、重要な事です。

 

多額の財産を使って売り買いをするのですから、リアルな取引の前に、気になる業者の新規口座開設を積極的にして表示されているスプレッドの差を確かめましょう。

 

同じ通貨の組合せ、そのときのボラティリティによって、通貨のスプレッドは異なります。

 

一般的には、銀行間取引で取引高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッド幅が小さく、それ以外のペアではスプレッドの差が広がるのが一般的です。

ツウラの日記



関連記事

  1. 興信所への相談|なんと妻が夫が隠そうとしている浮気がわかった理由のうちなんと80%は携帯電話...。
  2. お気に入り美容アイテムは、炭酸泡で洗顔も出来るパック!
  3. トレードの原則