不可欠な事

不可欠な事

「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって利ざやを狙う商品です。

 

取引の価格は常時変動しています。

 

それが為替です。

 

インターネットでニュースをみていると為替相場のニュースが流れる場面があります。

 

例としてあげると、「本のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表しています。

 

言い換えると、トレードには買いと売りの両方の値段が存在するのです。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと示している取引会社もあります。

 

一般的に売値の方が買値よりも安く定められています。

 

買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

 

この差分をスプレッドといい、FX業者の収益のひとつといわれています。

 

スプレッドは会社によって変化します。

 

スプレッドの狭さはあなたにとって費用になるので小さいFX取引会社を選択するほうが儲けられます。

 

ただ、同じ業者でも場面によってスプレッドの狭さは変わります。

 

いつもはドル円の組合せでたった1銭のスプレッドの差だったとしても、為替相場の上下が大きい状態では1銭よりも大きくなったりします。

 

なので、スプレッドの広さが狭いのと同様に固定しているのが必要です。

 

近頃では固定でスプレッドの幅を提示する取引業者もいくつも存在します。

 

現実にFX会社の取引画面の上で実際のレートを確認しなければ見分けられないので面倒ですが、不可欠な事です。

 

多くの資金を投資して取引するのだから本物の売買の前に魅力的に思えたFX取引会社の口座開設を全部して提示されているスプレッドの幅を確かめましょう。

 

同じ通貨ペアでも、その場面でのボラティリティによって、外貨のスプレッドの差は変化します。

 

たいがい、インターバンク相場で流動性の高い通貨ではスプレッド幅が狭く、他の通貨では広くなる事がよくあります。

 



関連記事

  1. 楽天でクレジットカード払いを確実に計算する方法
  2. 不可欠な事
  3. 手続きそのものもストレス