手続きそのものもストレス

四季の情報ってステキ > ピックアップ > 手続きそのものもストレス

手続きそのものもストレス

任意整理という言葉は普通は借金の整理というふうに言われ、それぞれ債権を持つものへ借金の支払いを続けていくことを前もって決めた債務整理の手順のことです。

 

実際としての流れですが司法書士有資格者それから弁護士事務所お金の貸し手と債務者の間に立って利息に関する法律によって利息の再考慮をしてからもう一度計算した借入金の元金に対する利子を削減することで3年程度の期日で返済を完了する整理対策です。

 

この手順を踏む場合は各裁判所などの機関が処理しないのでそれ以外の処理と比較して、手続きを行った際の不利な点が一番少なく、手続きそのものもストレスになることはないため、一番初めに比較検討してもらいたいやり方になります。

コーヒーを飲みながら

さらに、債権を持つものが消費者金融といった高額な利子だったら、利息に関する法律が明記している利子以上に返した利息分については元金に適用すると判断し借入金の元金それ自体を減らしてしまうことも不可能ではありません。

 

なので、ヤミ金業者みたいな高い年利を取る業者に対して長い間返してきたケースでは一定の金利分を減額できる場合もありますし10年以上続けて返済し続けている場合には元金自体がなくなってしまうような場合もあります。

 

任意整理のメリットですが自己破産手続きとは異なりある部分のみの借金のみを整理していくことが可能ですので、他に保証人が関連する借入以外について整理をしていく場合やクルマのローンを別として検討する場合などにおいても検討することも良いですし資産を処分することが求められていないため、自動車やマンションなどの自分名義の資産を持っているけれど、放棄したくない場合などでも有効な債務整理の手順になります。

 

ただし、手順を踏んだ後返済していく額と実際に可能な収入額を検討し、返済の目処が立てられるのであれば任意整理の手続きを進めていくことに問題ありませんが、破産と異なり返済義務自体がクリアーになるということではありませんので元金の総額が多い場合などは現実には任意整理による選択肢を選ぶのは困難になるということになるでしょう。

 



関連記事

  1. 楽天でクレジットカード払いを確実に計算する方法
  2. 不可欠な事
  3. 手続きそのものもストレス